燻製初心者でも大丈夫!ビーフジャーキーを作る方法を紹介します

キャンプレシピ
スポンサーリンク

燻製初心者でも大丈夫!ビーフジャーキーを作る方法を紹介します

本格的な燻製調理に挑戦したい方におすすめなのが、初心者でも作れる絶品「ビーフジャーキー」です!
大人も子どもも大好きなビーフジャーキーは、燻製に必要な道具や材料があれば誰でも簡単に作れます。それでは早速ビーフジャーキー作りに必要な調理道具や材料、作り方について紹介します。

 

ビーフジャーキー作りに必要な調理道具と材料

ご自宅でビーフジャーキー作りに挑戦するときに必要な調理道具や材料についてまとめています。

 

調理道具

  • 燻製器

ビーフジャーキー作りにまず必要な調理道具が「燻製器」です。燻製調理では、それぞれの食材に適した燻製方法(温燻、熱燻、冷燻)を選びます。ビーフジャーキーはどの燻製方法でも作れますが、今回紹介するレシピでは80℃以上の温度で燻製する熱燻に対応した燻製器を使います。本格的な燻製器を持っていない、すぐに用意でいないときは燻製器を自作してもOKです。熱燻の場合ダンボール製の燻製器は不向きですが、使い古した中華鍋を使って作ることも可能です。

 

  • 脱水シート

下ごしらえや乾燥、燻製など調理に時間のかかるビーフジャーキーですが、「脱水シート」を使うことで調理時間を短縮できます。今回紹介するレシピでは脱水シートを数枚用意してください。

 

 

  • スモークウッド(サクラ)

燻煙調理では、スモークウッド又はスモークチップと呼ばれる燻製材を使用します。スモークウッドは着火が難しく、最初は煙が出るまで時間がかかりますが、燻煙した後は2時間ほど使い続けられます。今回のレシピでは、2時間分の「サクラのスモークウッド」を用意します。

 

  • 電熱器またはコンロ

お肉を乾燥させるために使います。

 

調味液をひと煮立ちさせるのに使います。

 

  • ジップロック

お肉を調味液に漬けるために使います。

 

  • キッチンペーパー

調味液に漬けたお肉の水気を拭き取る際に使います。

 

  • 竹串

お肉を燻製器にぶら下げる際に使います。

  • アルミホイル

お肉の汁を除けるために使います。

材料
牛モモ肉 1kg
ローリエ 3~5枚
【調味液】
400cc
三温糖 大さじ1
小さじ4
醤油 小さじ2
おろしにんにく 小さじ1
胡椒 ひとつまみ
味の素 ひとつまみ

 

  • 牛肉

牛肉はモモ肉のブロックを豪快に使います。脂身の部分が多いお肉は乾燥させたときに脂身と赤身の部分が分裂されやすいので、少し厚めに切って使います。お肉は少し多めに感じますが、乾燥させたときに水分が抜けると小さくなるので多めの量で作っておくといいでしょう。

 

  • 調味液

ビーフジャーキーは調味液に漬けて寝かせることで下味がしっかり染みて美味しくなります。燻製調理に慣れてきたらハーブをお好みで加えて味変してみるのもおすすめです。

 

自作ビーフジャーキーの作り方

調理道具と材料が揃ったら、早速ビーフジャーキーを作っていきましょう!

 

STEP1.下ごしらえ

鍋に調味液を入れます。火にかけてひと煮立ちさせたら、火を止めて冷まします。牛モモ肉は厚さ5mm~7mmで食べやすい大きさになるよう筋方向に沿って切っておきます。鍋で冷やしておいた調味液とローリエ、お肉をジップロックに入れます。お肉全体を調味液にしっかり漬けたら封をして、冷蔵庫で24時間寝かせます。

 

STEP2.乾燥

冷蔵庫で寝かせたお肉をジップロックから取り出して水洗いをします。流水にお肉を入れて15分さらしたら、お肉についた水分をキッチンペーパーでしっかり拭き取ります。余分な水分を取り除くために、脱水シートにお肉を挟み、冷蔵庫に入れて12時間乾燥させます。

 

STEP3.燻製

お肉がしっかり乾燥したら、燻製を行います。お肉の両端に竹串を通して、燻製器の金網にぶら下げるようにセットします。お肉の下にアルミホイルを敷いて、汁除けとします。お肉をセットしたら、最初はスモークウッドを使わず、電熱器又はコンロの上に燻製器を置いて1時間、熱乾燥させます。70℃~80℃を目安に火力を調節してください。

熱乾燥が終わったら、着火したスモークウッドを燻製器に入れて、80℃~90℃の温度で2時間燻製します。燻製中は様子をみながらお肉の上下を入れ替えます。アルミホイルに汁が落ちていたら、キッチンペーパーで拭き取ってください。

2時間の燻製が終わったらスモークウッドを取り出し、最初と同じように電熱器又はコンロの上に燻製器を置いて80℃~90℃の温度で1時間、再熱乾燥させます。熱乾燥が完了して、しっかり冷めたら絶品ビーフジャーキーの完成です!

 

燻製調理は難易度が高そうに思われがちですが、今回紹介したように必要な調理道具と材料さえあれば、ご家庭でも美味しいビーフジャーキーが作れます。シンプルな材料で簡単に作れるので、是非ビーフジャーキー作りに挑戦してみてくださいね!

 

「鵜山リゾート」では気軽にBBQを楽しめるよう、全施設にBBQコンロや網、炭などを備えた貸別荘・コテージもございます。食材を購入してお持ちいただくだけで、海や山の風を感じられるロケーションのもと野外BBQを心ゆくまでお楽しみいただけます。是非お気軽にご利用下さい。

 

 

タイトルとURLをコピーしました