夏のキャンプ、おすすめの服装をご紹介!

キャンプファッション
スポンサーリンク

初めての夏キャンプデビューに備え、しっかり準備を整えておきたいのが「キャンプでの服装」です!暑い時期のキャンプはTシャツにハーフパンツがあればいいのでは?と思ってしまいそうですが、夏のキャンプでは暑さ対策に限らず寒暖差を意識した服選びも大切になるなど、実は思っているよりも奥が深かったりします。

初心者キャンパーさんの中には、夏キャンプでどのようなことに気をつけて服装選びをしたらいいのか分からず困っている人も多いと思います。今回はそんな夏キャンプデビュー前の方向けに、「夏のキャンプにおすすめの服装」をご紹介します。

 

夏のキャンプを快適に過ごすための「服装選び」のポイント

夏は最高のキャンプシーズンです!自然豊かな森や山の中でハイキングや川遊びを楽しんだり、夜はバーベキューに星空を観賞したり、キャンプで楽しい時間を過ごすには最適の季節です。そんな楽しみがたくさん詰まった夏のキャンプをより快適に過ごすための基本テクニックとして、夏のキャンプにおける服装選びのポイントを紹介します!

寒暖差を意識して服装選びをしよう!

春や秋、冬の季節に比べて気温が高く、日中はもちろん、夜まで暑さを感じる夏のキャンプですが、一日中Tシャツとハーフパンツだけで過ごすのはやや不安です。夏とはいえ、山の中にあるキャンプ場や高原にあるキャンプ場は気温の変化が激しく、お昼はとっても暑い場所でも、朝晩はグッと気温が下がり冷え込むことがあります。気温の変化にいつでも対応できるように防寒用のアウターやパーカー、軽く羽織れるものを忘れずに準備しましょう。

肌の露出を控えた服装で万全な虫対策を!

夏のキャンプは虫との戦いでもあります。夏になると増える蚊に限らず、刺されると激しい痒みや痛み、腫れを生じることもあるブヨやアブ、ハチなどいろいろな虫と遭遇する可能性があります。夏のキャンプでは、虫除けスプレーや蚊取り線香などの虫除け対策グッズを使うだけでなく「肌の露出を控えた服装」を選び万全な虫対策をすることが大切です。

とはいえ、夏のキャンプはとにかく暑いので一日中長袖や長ズボンを履いているわけにもいきません。そうゆうときは気温が下がってきたら長袖や長ズボンに着替えて、日中はTシャツやハーフパンツの上から虫除けスプレーをする、虫除けグッズを活用するなど出来るだけ虫に刺されないように工夫しましょう。

帽子で日焼け対策もしっかり!

「帽子」は夏キャンプの必須アイテムのひとつです。

強い日差しに長時間当たっていると、知らないうちに熱中症になってしまう恐れがあります。夏キャンプでは必ず帽子を持っていき、出来ればキャンプ用の帽子を準備するのをおすすめします。

夏のキャンプは熱中症対策と同じくらい「日焼け対策」がとても重要です。特に後頭部や首筋は日焼けをしやすい部分なので、日焼け止めを塗るだけでなく、ハットタイプのような日差しから首筋をガードできる帽子がおすすめです。

夏キャンプ向けの素材を選ぼう!

真夏のキャンプを快適に過ごすための服装選びをする際は「素材」にもぜひ注目してみてください。一口にTシャツといってもそれぞれ使用している素材が異なりますので、服装を選ぶときは夏キャンプ向き、夏のアウトドア向きの機能性の高い素材のものがおすすめです。

例えば、接触冷感素材で作られたウェアは速乾性に優れているだけでなく、汗をかいたときに肌に生地が触れるとひんやり冷たく感じるのが特徴です。また、焚き火やBBQをするときは火の粉が飛んで服に穴が空いてしまうことがないように、ポリエステル素材は避けて、焚き火用のウェアを用意したほうが安心です。

 

夏キャンプにおすすめの服装

夏キャンプにおすすめの服装をアウター・ボトムス・帽子・靴・靴下を紹介します。

 

夏キャンプ向けのトップス

夏のキャンプはとにかく暑いので、日中はTシャツで過ごすことが多いです。汗をかいたときに涼しく感じられる涼感素材のTシャツがあるといいですし、何度も着替えられるようにTシャツは多めに準備しましょう。夏のキャンプ場は朝晩に冷え込むこむこともあるので、寒暖差に対応できるようにウインドブレーカー厚手のパーカーを必ず準備します。着脱がしやすいように前開きができるウェアがあると便利です。

【UNIQLO】ドライEXクルーネックT(半袖)

【Columbia】インペリアルパークポケットショートスリーブTシャツ 

夏キャンプ向けのボトムス

水遊びをするときや暑さ対策のために日中は短めのパンツを履くことが多いです。短いパンツを履くときは必ず虫除け対策を万全に行い、涼しく快適に過ごせる素材のものを選びます。尚、虫の多い場所では長ズボンを履いて肌を露出しないことが大切です。長ズボンを選ぶときは軽くて履き心地の良いものや、通気性の良い素材のもの、収納力のあるものがおすすめです。

【THE NORTH FACE】アルパインライトパンツ

【UNIQLO】ナイロンギアショートパンツ

夏キャンプ向けの帽子

夏キャンプではツバの広い帽子を選んで、顔や胸元、首筋の紫外線対策をしましょう。

熱中症対策にも帽子は有効ですし、速乾性機能のある帽子は汗をかきやすい方にもおすすめです。
絶対に日焼けしたくない方には首元を保護できるカバーのついた帽子、防水性に優れた帽子は急な雨にも対応できておすすめです。

【THE NORTH FACE】ブリマーハット(ユニセックス)

【THE NORTH FACE】サンシールドハット(キッズ) 

夏キャンプ向けの靴

キャンプでは「動きやすい靴」を選ぶのが鉄則です。履き慣れたスニーカーでも良いですが、デコボコした道やぬかるんだ道でも歩きやすく、汚れても良いアウトドアシューズがあればもっと安心です。
アウトドアシューズなら汚れても問題ないですし、防水性に優れているものは雨に見舞われても靴の中が濡れる心配がありません。

川遊びをするときは履きやすく歩きやすいサンダルがあると便利です。サンダルを履くときは肌が露出している状態なので、虫除け対策をしっかり行いましょう。

【KEEN】ニューポート エイチツー

【KEEN】ジャスパー

夏キャンプ向けの靴下

涼しいからと素足のままでいると虫に刺されるリスクが高まります。素足だとケガをする恐れもあるので、夏キャンプでは虫除け対策やケガ防止のためにも「靴下」を履くことをおすすめします。サンダルを履いているときも出来るだけ靴下を着用すれば安心です。靴下を選ぶときは通気性や肌触りの良いコットン素材や、速乾性に優れたウィックロン素材を使ったものがおすすめです。

【モンベル】WIC.トレッキングソックス

夏キャンプ向けのレインコート

自然の中で楽しむキャンプに雨はつきものです。特に山間部にあるキャンプ場は天気がコロコロと変わりやすいので、突然の雨にも対応できるように「レインコート」を必ず持っていきましょう。レインコートは「形」「重量」「耐水圧」を見て、自分に合ったものを選びます。頭からかぶるポンチョタイプのレインコートは着脱がしやすい反面、足元が雨で濡れてしまう心配があります。しっかり水気を防ぐには上下が別々のセパレートタイプのレインコートがおすすめです。

キャンプ中はたくさん動き回るので、軽量で動きやすいアウトドア用の高性能素材を使っているレインコートを一着持っていると便利です。

【Columbia】シンプソンサンクチュアリ II レインスーツ

思い切り楽しめる服装で夏キャンプを楽しもう!

暑さ対策や熱中症対策、虫対策を意識した服装を選ぶことで、真夏でも思い切りキャンプを楽しむことができます。今回紹介した内容を参考に、夏のキャンプをより快適に楽しむための服装選びをしていただければ幸いです。

夏にアウトドアを楽しむなら、うやまリゾートへ!

うやまリゾートでは、海まで徒歩圏内の貸別荘や、広々とした敷地を贅沢に貸し切れるプライベート貸別荘、普段と少し違った旅を楽しめるグランピング場など自慢の施設をご用意しております。お客様のお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

タイトルとURLをコピーしました