夏のキャンプは寝苦しい!夏キャンプの夜を快適に過ごすテクニックをご紹介

キャンプノウハウ

冬のキャンプの寒さは暖房機器を有効活用したり、服をたくさん着込んだりして何とか寒さ対策ができます。しかし真夏のキャンプはテント内にクーラーを設置するわけにはいかないので、十分な暑さ対策を行う必要があります。今回は、暑さの厳しい夏のキャンプでも快適に過ごすためのテクニックや、あると便利なおすすめアイテムなどを紹介します!

 

夏キャンプは想像以上に暑い!徹底した暑さ対策を!

夏といえば絶好のキャンプシーズンですが「暑苦しくて夜はなかなか寝付けず、寝不足になった・・・」など、せっかくのキャンプを思いっきり楽しめなければ本当にもったいないですよね。真夏の時期は想像している以上に暑さが厳しくなることから、熱中症や脱水症状には十分な注意が必要です。

 

夏のキャンプを快適に過ごすための『暑さ対策テクニック』

ここではまず、真夏のキャンプを快適に楽しむために欠かせない暑さ対策や必須アイテムを紹介します。夏キャンプは想像以上に暑いということを理解した上で、暑さ対策をしっかり行いましょう。

 

テントの設営場所は木陰を選ぼう!

キャンプ場に到着して最初にする暑さ対策が、「木陰探し」です!真夏のギラギラ太陽に照らされたテントは居住空間に熱がこもってしまいます。テントの室温の上昇を押さえるには、テントに直射日光を当てないことが大切です。木陰の少ないキャンプサイトの場合は場所取りに苦戦する可能性があるので、あらかじめ林間サイトのような木陰の多いサイトを利用するのがおすすめです。

 

夏でも快適に過ごせるテントを選ぼう!

キャンプで必ず使うアイテムといえば、「テント」です。テントは、ドームテント、2ルームテント、トンネルテント、ワンポールテント、ロッジ型テントと大きく分けて5つの種類があります。

中でもトンネルテントは、居住空間を広く取りたいときや荷物が多いときに便利なテントですが、真夏の暑い時期にテント内に熱がこもりやすくなるので注意が必要です。テントを選ぶときは、涼しい風を取り込める大型ドアやサイド窓がついているテントや、パネル部分を上げられたり、全面をメッシュにできたりする風通しの良いタイプのテントがおすすめです。

 

スクリーンタープを活用しよう!

木陰が少ないキャンプサイトでは「タープ」を使って日陰を確保します。テントに直射日光が当たらないように、テントが隠れるくらいの大きめのタープがあると便利です。

特に夏のキャンプでは、側面がメッシュ状になっているスクリーンタープがおすすめです。メッシュ状なので風通しが良く、夏キャンプの天敵である虫の侵入を防ぐという効果も期待できます。最近は、暑い真夏のキャンプに合わせて、遮光性に非常に優れたスクリーンタープ商品も販売されています。

 

打ち水をして涼しく過ごす!

暑さの厳しい場所では、サイトの周辺に軽く「打ち水」をすると暑さがやや緩和されます。砂利が多くて水はけの良い場所であれば、サイト全体に水をまいてもおけば気化熱効果により気温が下がり過ごしやすくなります。ただし、水はけの悪い場所や土の場合は、打ち水をしたことで地面がぬかるんで危ないので打ち水をしすぎないように注意してください。

 

暑さ対策用に冷感グッズを活用しよう!

夏キャンプを快適に過ごすには出来るだけ直射日光に当たらないのが一番ですが、それにプラスして準備しておきたいのが暑さ対策用の「冷感グッズ」です。以下で紹介する冷感グッズを上手く活用することで、暑い夏のキャンプをより快適に過ごせるようになります。

 

扇風機

涼しい風がテントに入ってこない暑い真夏の夜も、「扇風機」があれば体感温度が下がって過ごしやすくなります。キャンプでは利用するキャンプサイトに合わせて電源が必要な家庭用の扇風機、あるいは電源のない電池式の扇風機を使い分けます。電源のないキャンプサイトでは電池式の扇風機があると便利ですし、いっしょにポータブル電源を持っていくと電池切れの心配もなくて安心です。

 

冷感タオル

水に濡らして絞ってから使うと、ひんやり冷たくなるタオルです。首やおでこに当てるだけでも体温が下がって涼しく感じられます。冷たさが感じられなくなったあとも、濡れている状態ならタオルを振るだけでまたひんやり感が戻ります。

 

クールパッド

テント内で扇風機と併用して使いたいのが「クールパッド」です。クールパッドを敷くことで体感温度が下がり、寝苦しさが緩和されて快適に過ごせます。

 

ダブルファン

ダブルファンは首にかけて使うポータブル扇風機です。首にかけておくだけで使えるので両手が空いて作業がしやすく、USB充電対応で強風でも約1時間30分連続使用可能です。

 

夏でも涼しいキャンプ場やコテージを選ぼう!

木陰を探したり、暑さ対策グッズを使ったりするのも良いけれど、「できることなら、もっと簡単な方法で夏のキャンプやアウトドアを楽しみたい」という方におすすめなのが『夏でも涼しいキャンプ場やコテージを利用する』方法です。

 

夏でも涼しいキャンプ場の特徴

夏でも比較的涼しく、快適に過ごせるといわれるキャンプ場は「標高の高いところにある」ことが特徴です。夏は標高が高くなるだけで夜の気温が3℃~5℃も違ってくることもあります。できるだけ涼しいキャンプ場で過ごしたいというときは、標高1,000m以上にあるキャンプ場がおすすめです

ただし、標高の高いキャンプ場を利用する際は昼間と夜の寒暖差に注意が必要です。いくら真夏といっても標高の高い場所では夜になると気温が下がり、寒さを感じるほど冷え込みますので、キャンプを快適に楽しむには十分な防寒対策が必要です。

 

夏でも涼しいおすすめコテージ3選

「とにかく暑いのが苦手」という方に特におすすめなのが「コテージ泊」です。キャンプだからといって、必ずしもテントに寝泊まりする必要はありません。コテージならエアコンはもちろん、シャワーや家電なども揃っているので、暑いからと夏キャンプを敬遠されていた方や虫嫌いの方でも快適に過ごすことができます。

 

森華~Shinka~

山中湖から徒歩10分の森に佇むプライベート別荘です。1日1組限定の貸別荘で、大自然に囲まれた環境で夏でも涼しくアウトドアを満期できます。コテージの外にはバーベキューやピクニックを楽しめる庭やバルコニーがあり、ファミリーキャンプはもちろん、大切な仲間との思い出創り旅行にも最適です。

森華~Shinka~山中湖|関東のコテージ・貸別荘・グランピング場なら、うやまリゾート
山中湖から徒歩10分の1日1組限定のコテージ・貸別荘。別荘周辺の湖、温泉、釣りなど自然のアクティビティーを楽しめます。1年中バーベキューも可能。家族、合宿団体、会社の仲間たちの旅行などに最適。都会の喧騒を忘れ、日々の疲れを癒す最高のスポット。

 

フォレストハウス ~森華~

山梨県にある1日1組限定のプライベートコテージです。山中湖白鳥スポットのすぐそばに位置しています。季節感を満喫できる大自然あふれる森に佇むコテージの巨大なバルコニーからは、開放感溢れる景色を心ゆくまで堪能できます。

フォレストハウス ~森華~|関東のコテージ・貸別荘・グランピング場なら、うやまリゾート
山梨県の山中湖「森華 山中湖」の第4棟「フォレストハウス ~森華~ 」。湖畔から車で5分の1日1組限定のコテージ・貸別荘。別荘周辺の湖、温泉、釣りなど自然のアクティビティーを楽しめます。1年中バーベキューも可能。

 

ウッドステート軽井沢

北軽井沢にある2LDKの一戸建ての貸し切りプライベートコテージです。標高1,100mの高原は夏でも湿度が低く、爽やかな気候が魅力で、癒しと安らぎを感じながらゆったりとした時間を過ごせます。

ウッドステート軽井沢|関東のコテージ・貸別荘・グランピング場なら、うやまリゾート
浅間山を眺める北軽井沢の貸別荘「ウッドステート」。夜には都会では見られない星空が広がる1日1組限定のコテージ・貸別荘。浅間山の麓の周辺で牧場、温泉、スキーなど自然のアクティビティーを楽しめます。1年中バーベキューも可能。

 

夏でも過ごしやすいコテージをお探しなら、うやまリゾートへ!

【うやまリゾート】は、普段と少し違った旅をお楽しみいただけるグランピング(グラマラスなキャンピング)や、仲間とワイワイ楽しめる貸し切り別荘を畝飯しております。関東で夏でも過ごしやすいコテージをお探しなら、ぜひ【うやまリゾート】へお越し下さい!

 

 

タイトルとURLをコピーしました