【焚き火台】おすすめ13選!誰もが知っている定番とおしゃれな焚き火台を比較!

キャンプ用品

アウトドアシーンに欠かせない焚き火台は、いつの季節も重宝されるアウトドア用品です。現在、いろいろな焚き火台が販売されており、種類やデザインなども豊富に揃っています。

今回は、定番の焚き火台とおしゃれな焚き火台をいろいろご紹介します。

 

【用途別】焚き火台の選び方

焚き火台には価格もいろいろあり、使用目的や活用シーンによっても選び方は変わってきます。ここでは、活用シーン別に焚き火台を選ぶポイントをご紹介します。

 

焚き火を楽しみたい 

アウトドアで「焚き火をして楽しみながら過ごしたい」という方もいますよね。

そんな方には、浅い焚き火台がおすすめです。台が浅いので、焚き火の火をじっくり眺めることができますし、薪の追加も簡単です。

しかし、飛び火を受けやすいので注意しましょう。

 

料理を楽しむ

アウトドアでは、やはり自炊で作る料理は楽しみのひとつですよね。

料理を快適に楽しみたい方には、薪が十分に入る45㎝程度の焚き火台がおすすめです。

市販の薪の長さが約30㎝~40㎝なので、焚き火台のサイズが45㎝あれば十分に余裕をもっていろいろな調理を楽しめるでしょう。

 

使い勝手のよさ

焼き肉やBBQなどをする場合は、網付きの焚き火台が便利です。しかし、焚き火台の形状が特殊だと、別途で網を購入しても焚き火台との設置が難しいこともあります。事前に焚き火台のタイプやオプションを調べて、使い勝手のよさも調べておくのがおすすめです。

 

おしゃれな焚き火台おすすめ5選!

ここでは、アウトドアを彩るおしゃれな焚き火台をご紹介します。

 

【ユニフレーム】ファイアグリル

収納しやすく持ち運びも簡単で、テーブルのように脚を立てて使う焚き火台です。

初心者の方でも組み立てやすく、取り扱いが簡単です。ダッチオーブンも乗る高強度で網付きになっており、焼き肉、バーベキュー、鍋料理など、いろいろな料理を楽しめます。

 

【LOGOS】the ピラミッドTAKIBI L

組み立てがたった10秒で完了する、ゴトク機能付きの焚き火台です。収納バッグもついており、持ち運びも便利です。鍋料理や串焼き料理など、いろいろな料理を楽しめます。焚き火をした際、灰が落ちても安心な灰受け皿も付いています。

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥10,670 (2021/12/02 23:43:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

【キャプテンスタッグ】ヘキサステンレス ファイアグリル

組み立ては簡単で、焚き火台のスタンドと本体をセットすれば完了です。ステンレス製なので錆びにくく、収納すると薄型に収まるので持ち運びもしやすくなっています。

ダッチオーブン、串焼き、両方の料理が楽しめるので、いろいろな料理のレパートリーに対応しています。

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥4,818 (2021/12/02 23:43:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

【ユニフレーム】ファイアスタンドⅡ

収納がコンパクトな、ソロ向きの焚き火台です。特殊耐熱鋼メッシュが採用されており、その上で薪を燃やすことができます。収納はとても簡単で、使用後は巻いてコンパクトに片付けられるため、ツーリングにも最適です。

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥6,400 (2021/12/02 23:43:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

【moose】FIRE STAND

より焚き火を楽しんでもらうための焚き火台で、地面の近くで焚き火を楽しめます。長崎の灯篭流しがデザインコンセプトになっており、五角形の切り抜きデザインが側面に施されています。組み立ても簡単で、薪や木炭で焚き火を楽しめます。

 

ソロ向けおすすめ焚き火台8選!

ここでは、ソロキャンパーさんにおすすめの焚き火台をご紹介します。

 

【STC】ピコグリル760

740gと超軽量でコンパクトな焚き火台です。加えて、組み立ても簡単なので、ソロキャンパーさんやアウトドア初心者さんにも人気があります。収納性も高くA3サイズの袋に片付けることができます。お鍋の使用や、串焼きのお肉料理などにも活用できます。

 

【サンゾクマウンテン】mouncos

心地よい焚き火がテーマにデザインされ、SNSでも話題の焚き火台です。

焚き火台の側面には隙間のあるオシャレなデザインが施されており、炎の美しさや火の姿・形をいろいろな角度から楽しませてくれます。

 サンゾクマウンテン mouncos

 

【TRIPATH PRODUCTS】GURU GURU FIRE XS

工具を使わず簡単に組み立てできる、立体パズル式の焚き火台です。小さな薪や枝も焚き火に使用できるコンパクトサイズとなっています。

1.2㎏と軽量なので持ち歩きしやすく、焚き火台の上部を持って移動することもできます。

 

TRIPATH PRODUCTS GURU GURU FIRE  XS

 

【ユニフレーム】ファイアグリル solo

ソロキャンプにおすすめのコンパクトサイズの焚き火台です。網付きなので調理にも使えます。900gと軽量で持ち歩きも疲れません。

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥4,900 (2021/12/02 14:48:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

【スノーピーク】焚火台

スノーピークで定番人気の焚き火台です。シンプルな構造なので、組み立てや片付けも簡単です。素材はステンレス製で、火にも強く錆びにくいです。網をオプションで加えれば、調理も楽しめます。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥10,490 (2021/12/02 23:43:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

【ピコグリル】picogrill 398

A4サイズに収納できる、コンパクトサイズの焚き火台です。

少量の薪でも火力を得られ、重量約370gと非常に軽量で、錆びにくいステンレス製です。

ソロキャンパーさんには、携帯しやすい焚き火台となっています。

created by Rinker
ピコグリル
¥14,000 (2021/12/02 23:43:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

【キャプテンスタッグ】ラウンドファイヤーベース

焚き火やダッチオーブンを楽しめる焚き火台です。焚き火台を支える三脚は別売りです。

組み立ては、脚をネジで留めるだけなので初心者の方でも心配なく使えます。ゴトク付きなのでミニのお鍋などを置いて、コンパクトな調理も可能です。

 

【YOKA】COOKING FIRE PIT LIGHT

料理や焚き火をいろいろ楽しめる焚き火台です。焚き火台が2段式になっています。

上段での通常調理に加えて、下段でフライパン料理を行えば、焚き火の熱を利用してオーブン調理も楽しめます。

created by Rinker
ノーブランド品
¥16,500 (2021/12/02 23:43:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

焚き火台を自作するなら

ここでは、時間をかけずに自作できる焚き火台の作り方を豆知識としてご紹介します。

 

ダイソーなどの100円ショップの商品で作った焚き火台

100円ショップのアイテムを用いた自作の焚き火台の作り方をご紹介します。

 

「ステンレスバケツ」と「網」で作る焚き火台

「ステンレスバケツ」と「網」で作る焚き火台の作り方をご紹介します。

 

  1. ステンレスバケツを用意する
  2. ステンレスバケツの場合は底にキリで穴を空ける
  3. バケツの中に薪を入れ、火を付ける
  4. バケツの上に網を乗せれば完成!

100均で「ステンレスバケツ」と「網」、この2つのアイテムで焚き火台は作れます。

オシャレな焚き火台を自作したい場合には、フタ付きバケツやインテリア性の高いバケツがおすすめです。

 

「コンパクト焚き火台」と「ステンレストレー」で作る焚き火台

「コンパクト焚き火台」と「ステンレストレー」で作る焚き火台の作り方をご紹介します。

 

  1. 組み立て式の焚き火プレートを組み立てる
  2. 組み立てたプレートをステンレストレーに乗せる
  3. プレートに薪を乗せて火を付けたら、完成!

 

100均のセリアには、組み立て式の焚き火プレートのキットが販売しています。

説明書通りに組み立て作業を行い、完成したらステンレストレーの上に置けば完了です。

火がしっかり燃えてくれるように元から穴が空けられているので、手間なく簡単に焚き火台を自作できます。

 

ペール缶、一斗缶で作った焚き火台

ペール缶、一斗缶を用いた自作の焚き火台の作り方をご紹介します。

 

「ペール缶」「金バケツ」「焼き網」で作る焚き火台

「ペール缶」「金バケツ」「焼き網」で作る焚き火台の作り方をご紹介します。

 

  1. ペール缶より一回り小さいサイズの金バケツをペール缶の中に入れる
    ※金バケツは、焚き火の灰受けのお皿になります
  2. 金槌と釘で金バケツの側面に穴を空けて空気の逃げ道をつくる
  3. ペール缶の上に網を乗せれば完成!

 

「ペール缶」「金バケツ」「焼き網」があれば、簡単に焚き火台を作れます。

金バケツのサイズに注意が必要で、ペール缶の中に入るサイズに切り、ふちは内側へ曲げて危険防止に努めましょう。お好みでペール缶をペイントすれば、オリジナリティーのある焚き火台が完成します。

 

「一斗缶」と「網」で作る焚き火台

「一斗缶」と「網」で作る焚き火台の作り方をご紹介します。

 

  1. 一斗缶のふたを取る
    ※取れない場合は、缶切りで切り取る金槌と釘で側面に空気穴を開け、空気の逃げ道をつくる
  2. 一斗缶の底に大きめの穴をつくり、薪や炭を入れられるようにする
  3. 一斗缶の上に網を乗せれば完成!

 

「一斗缶」と「網」を揃えれば、焚き火台を作れます。耐久性はないので、一斗缶の焚き火台を複数回使用することはできませんが、火力もあり自作の焚き火台をその日限定で楽しめます。

 

 

アウトドアの醍醐味の1つである焚火は、自然の中で楽しむ人気のアクティビティです。

【うやまリゾート】では、アウトドアを楽しんでもらえる貸別荘やグランピング場を運営しております。自然に囲まれた宿泊施設を提供しておりますので、アウトドアを楽しむ施設をお探しの方はぜひお問い合わせください。