ポタリング(自転車散歩)とサイクリングって何が違うの?楽しみ方もご紹介

ご当地コラム

「ポタリング」は、自転車に乗ってのんびり楽しむアクティビティです。今回は最近話題のポタリングとは何か、サイクリングと何が違うのか、これから挑戦する初心者向けにポタリングの楽しみ方や関東のおすすめポタリングスポットについて詳しく解説します。

のんびりと気楽に楽しめるアクティビティをお探しの方や、少し身体を動かしたいと考えている方はぜひポタリングに挑戦してみてくださいね!

 

ポタリングとは?

ポタリングの楽しみ方を紹介する前に、まずはポタリングの意味やサイクリングとの違いをご紹介します。

 

ポタリングの意味

ポタリングは、イギリス英語の「putter」という言葉に“ing”を付け足した和製英語からできた言葉といわれています。Putterには、のんびりする、ぶらぶらする、といった意味があり、ポタリングは”のんびりと気軽に自転車を走らせ楽しむアクティビティのことを指します。

のんびりの基準は明確には定められていないため、人によってポタリングを楽しむ感覚は異なります。イメージとしては、“自転車に乗って散歩”をするような感覚で行うのがポイントです。がんばり過ぎずマイペースに楽しむポタリングは、「ポタ」と略して呼んだり、その楽しみ方から「ゆるポタ」と呼ばれたりすることもあります。

 

ポタリングとサイクリングとの違いは?

サイクリングは自転車を利用して移動することを指すことから、ポタリングもサイクリングのひとつに含まれます。

 

距離やスピードの違い

ポタリングとサイクリングの違いに明確な定義はありませんが、ポタリングが比較的短い距離や中距離をゆったりのんびりと自転車に乗って走るのに対し、サイクリングは短・中距離だけでなく長距離でも自転車に乗って走ることもあります。

ポタリングとサイクリングでは自転車で走るときのスポードも異なります。ポタリングはあくまで無理なく自転車で走ることが目的なので、散歩しているようなのんびりしたスピードで走行します。

 

目的地があるかどうかの違い

ポタリングは気の向いたままぶらぶらと散歩するように目的地を決めずに自転車を楽しみ、サイクリングはゴールとなる目的地を目指して自転車を楽しむといった意味を指します。

 

初心者向け!ポタリングの楽しみ方

これからポタリングに挑戦してみたい!という初心者向けに、「ポタリングの楽しみ方」として事前に知っておきたいことをまとめています。

 

ポタリングの自転車の選び方

ポタリングで使う自転車の車種は、特に決まりはありません。ママチャリと呼ばれるようなシティサイクルでも勿論OKですし、全自動の自転車や折りたたみ式の小さめの自転車だってポタリングを楽しめます。

 

シティサイクル

ポタリング以外でも、買い物に行ったり、出かけたりするときに自転車を使うという方には定番のシティサイクルをおすすめします。

 

ミニベロ

車輪が小さく、小回りが利くタイプの自転車です。初心者でも走行しやすく、女性や子どもにも人気があります。小回りしやすいので街の中をポタリングするときには便利です。車輪が小さく進む力が小さいので、短距離走行のポタリングに向いています。

 

マウンテンバイク

スポーツバイクと呼ばれるマウンテンバイクは、段差の激しい山道や未舗装の道の走行を得意とする自転車です。マウンテンバイクのタイヤは太く、でこぼこした道でも走りやすいようなブロックが付いているため、舗装されたアスファルトの道での走行には不向きです。

 

クロスバイク

クロスバイクは、短距離にも長距離でも快適に走れるように装備された自転車です。シティサイクルよりも漕ぎ出しがスムーズで、少ない力でも前へと進むことができます。ハンドルはマウンテンバイクと同じ形をしていて、街中などアップダウンの多い場所でも走りやすいと人気です。

 

ロードバイク

他の自転車に比べて圧倒的に重量が軽く、漕ぎ出しもスムーズで速度も出やすい長距離走行に向いている自転車です。競技用としても使われているロードバイクは、初心者向けというよりは、自転車やポタリングに慣れてきた頃に挑戦される方が多いようです。

 

ポタリングの服装

自転車選びと同様にポタリングの服装にも決まりはないですが、自転車に乗って身体を動かすので「動きやすい服装」、「汗が乾きやすい服装」を着るのが理想です。

自転車で散歩をする感覚でのんびりと楽しむポタリングでは、ペダルを漕ぎやすいスポーツウェアや速乾性のあるパンツ、ウェアを着用することでより快適に楽しむことができます。自転車に長時間乗っているとお尻が痛くなってくるので、対策としてお尻を保護するパッと入りのインナーを履くことをおすすめします。

 

ポタリングのヘルメット

服装同様、ヘルメットを着用するといった決まりはありませんが、より安全にポタリングを楽しむためにも持ち物としてヘルメットは用意した方が安心です。最近は帽子と一体型になったカジュアルでおしゃれなヘルメットも多く、新たに購入される方も増えているようです。

 

関東のおすすめポタリングスポット

関東には、たくさんのポタリングスポットがあります。今回はその中から「東京でおすすめのポタリングスポット」と「千葉でおすすめのポタリングスポット」を紹介します。

 

東京でおすすめポタリングスポット

 

東京は交通量が多い街ですが、実は気軽にポタリングを楽しめるモデルコースがたくさんあります。

 

代々木エリア

東京都内で緑がたくさんあって、ポタリング初心者でも気軽に楽しめるスポットといえば代々木公園です。代々木公園にはサイクリングロードが舗装されていて、自転車の貸し出しもしているので気軽にポタリングを楽しめます。

 

東京下町エリア

外国人にも人気の浅草寺や東京スカイツリーなどを巡る観光は、ゆったりと自転車で散歩するポタリングがおすすめです。ミニベロのような小さな自転車は小回りが利きますし、レンタルサイクルのお店もたくさんあって便利です。浅草駅で電車を降りて自転車を借りたら、吾妻橋や東京スカイツリー、牛嶋神社、浅草寺など日本有数の観光スポットが

盛りだくさんです。

 

千葉でおすすめのポタリングスポット

都心からもアクセスしやすい千葉でおすすめのポタリングスポットを紹介します。

 

九十九里サイクリングロード

千葉の自転車道として有名な九十九里サイクリングロードは、約10kmの整備された自転車道です。海を横目に見ながら走れることが特徴で、のんびり自由にポタリングを楽しみながら爽快な海風を感じられると人気があります。

 

江戸川サイクリングロード

東京と千葉の境になっている江戸川に沿って長く伸びるサイクリングコースが有名です。約64キロのサイクリングコースの途中にはカフェなどの食事処や葛西臨海公園などの観光地もあり、1日中ポタリングを楽しむことができます。

 

まとめ

行き先も自由、ペースも距離も思いのまま、自転車で散歩をするようにのんびり楽しむポタリングの魅力です。カフェ巡りや寺社巡りをしたり、川沿いを走って自然を満喫したりと楽しみ方はたくさんあります。週末にちょっと身体を動かしたいときや、ちょっと違った観光を楽しみたいというときはぜひポタリングに挑戦してみてください!

 

【うやまリゾート】では、千葉県・静岡県・山梨県を中心に貸し切り別荘やグランピング場を運営しております。大自然に囲まれたロケーションでは、ポタリングやサイクリングなども思いっきり楽しむことができます。通年でバーベキューも可能ですので、日々の疲れが癒やされる最高のスポットで優雅な1日をお過ごし下さい!

  

タイトルとURLをコピーしました