星の名前一覧|よく聞くあの星の名前の意味や語源を徹底解説!

貸別荘コラム

星は、地球と一緒に一周回りながら、夜空を通過しています。天を見上げると数え切れないほどの惑星が瞬いていますよね。天体は、星の位置の基準によって星座が構成されて存在し、いろいろな神話や語源があります。今回は、そんな星の名前や語源を解説したいと思います。

星の名前の意味や語源について

星は、距星といって恒星や星座の天体であり、夜空を一周して見てみると幾つもの星が輝いて存在しています。中国では天文学の占星術星があり、英語では天体観測を楽しむ人のことをastronomyといわれているなど、天体観測は世界でも広く親しまれています。

では、夜空に輝く星の種類や名前について見てきましょう。

 

スピカ(和名:真珠星)

スピカは、乙女座のアルファ星(最も輝く星)で、青白く美しく輝いています。春の大曲線のアークトゥルス(五月雨星)と対になる星でもあり「春の夫婦星」ともいわれています。

日本では、星の輝きが純白であることから、真珠星と名付けられています。また、昔、大分県でスピカは「しんじぼし」といわれており、「じんじ」を漢字で真珠と書くことから、真珠星になったという話もあります。 

 

オリオン座(和名:鼓星)

オリオン座は、冬の星座です。小三つ星といって中央に並ぶ3つの星、その外側の角にある4つの星、これら全てを総称した名前です。日本では鼓星という和名が付けられています。

また、夏の明け方の空でも見られる星座で、夜空で輝く時とはまた違った姿の美しさを見ることもできます。

 

リゲル(和名:源氏星)

リゲルの固有名は、アラビア語でリジル・アル・ジャウザといい、巨人の足という意味があります。その昔、天文民族学者、文献、方言からさまざまな見解の下、いろいろな調査が行われた星でもあります。白く輝くオリオン座の中の一等星で、和名では源氏星です。

 

ベテルギウス(和名:平家星)

ベテルギウスは、冬の大三角の一つで、オリオン座の恒星です。オリオン座のアルファ星であり、固有名はイプト・アル・ジャウザという、アラビア語から来た名前の星になります。白い帯をした羊のわきの下という意味がありますが、後に、古代ギリシャ神話に羊飼いが出てくる際に、巨人のわきの下という意味に変わっています。

日本では、リゲルの対になっていることから、源氏と平家の戦いに由来しているといわれています。

 

アルタイル(和名:彦星)

アルタイルは、鷲座のアルファ星で、彦星という和名があります。夏の大三角の一つで、ベガと夫婦星になっています。

現在は、彦星が名として知られていますが、昔は、以奴加比保之(いぬかいぼし)と名付けられていました。これは、平安時代に遡りますが、犬を連れているように見えることから、そう名付けられていたそうです。

 

ベガ(和名:織姫星)

ベガは、琴座のアルファ星で、夏の大三角の一つです。夏に見られる星の中で、最も明るい星になります。和名では、七夕で登場する織姫星という名前が付けられています。固有名は、アル・ナルス・アル・ワーキというアラビア語から来た言葉で、落ちる鷲という意味があります。

 

シリウス(和名:大星・青星など)

シリウスは、大犬座のアルファα星で、冬にオリオン座の南で輝いている星です。地球との距離が近い星であることから、星自体に明るさがある訳ではありませんが、太陽を除いた全天で最も明るい恒星です。

また、古代ギリシャ語ではセイリオスといい、焼き焦がす・輝くという意味があります。その由来には、視等級で-1.46等級で最も輝く星であることから、そう名付けられたといわれています。

 

ポルックス

ポルックスの固有名は、ポリュデウケスというギリシャ神話に登場する英雄の名前で、それがラテン語化された名前となっています。双子座の星で、双子の弟の頭にあたる星になります。

古代ギリシャ神話で、不死の体を持つ弟ポルックスと、戦場で命を落とした兄カストルが描かれており、自分が死ぬ時も兄と一緒でありたいことを大神・ゼウスに願い、双子座として天に上げたといわれています。

 

アークトゥルス(和名:麦星)

アークトゥルスは牛飼座のアルファ星で、梅雨時期に晴れているとよく見えます。春の大曲線である北斗七星とスピカを結ぶ星で、赤い色をしており大きな星です。日本では、アークトゥルスとスピカが1等星であることから、春の夫婦星ともいわれています。

見つけるポイントは、北斗七星が見つけられると、赤く光るアークトゥルスを見つけることができるでしょう。

 

カペラ

カペラは御者座のアルファ星で、冬に輝く星です。名前の由来は、カプラというラテン語から来た言葉で、雌の仔山羊という意味があります。

プトレマイオス星座の1つでもあり、古代ギリシャ神話では、鍛冶屋の神と美の神が描かれているといわれています。ぎょしゃ座の中で最も輝く星で、黄色っぽく輝いています。

 

デネブ(和名:白鳥座)

デネブの固有名は、アル・ダナブ・アル・ダジャジャー(めんどりの尾)というアラビア語から来た言葉で、夏の大三角形の1つの星です。白鳥座のアルファ星で、白鳥座の尾の部分に位置します。

古代ギリシャ神話では、白鳥は大神・ゼウスが姿を変え、スパルタ王の王妃・レダに会いに行ったといわれています。

 

カストル

カストルは、双子座のアルファ星です。双子座と和名が付いていますが、古代ギリシャ神話で双子の兄弟が登場しており、それが名前に由来しています。また、兄弟の名前は、兄カストルと弟ポルックスという名で、双子座の東がカストル、西がポルックスになります。

 

カノープス(和名:布良星)

カノープスは、りゅうこつ座のアルファ星で、シリウスの次に明るい恒星です。ギリシャの水先案内人の名前が由来となっています。

トロイの戦争で、アレキサンドリア近郊の港にギリシャの軍艦が立ち寄った際に、スパルタ軍の王が亡くなったカノープスの功績を称えて名付けられたものです。それ以降、港の地平線で見られる星のことを、カノープスと呼ぶようになったといわれています。

 

アンタレス(和名:赤星)

アンタレスは、さそり座のアルファ星で、夏の星座で赤く輝く星です。星の中では古い星になります。幸運を呼ぶ4つの星の1つで、固有名はAnti-Aresといって、火星に対抗するものという意味があります。赤い輝きを競うように火星が近づいた、という古代ギリシャ神話に由来しています。

 

【うやまリゾート】おすすめ天体観測スポット3選

うやまリゾートでは、仲間や家族と旅の中で楽しむことができ、天体観測にピッタリな、グランピング場や別荘を運営しています。どのスポットも都会から離れた場所で、開放感や自然を大いに感じられる施設になっているので、ぜひ訪れてみてください。

 

インディアンコースト

インディアンコーストは、1日6組限定で利用できるグランピング場です。海沿いに位置する開放的な場所で、いろいろなアクティビティを楽しみながら、天体観測を楽しむことができます。

インディアンコースト|関東のコテージ・貸別荘・グランピング場なら、うやまリゾート
都心から車で90分!南房総市白浜町のグランピング場です。

 

ツリークラブ

ツリークラブは、1日5組限定で利用できるグランピング場です。山と海に挟まれた自然豊かな場所で、都会の喧噪から離れてゆっくり過ごすことができます。天体観測やBBQなどを楽しむこともできます。

ツリークラブ|関東のコテージ・貸別荘・グランピング場なら、うやまリゾート
贅沢な癒しと安らぎを感じられ、ゆったりとお過ごし頂けます。4つのテントは全てコンセプトが異なり、何度訪れてもお楽しみ頂けます。コテージ棟は充実した設備が整っております。

 

NAGOMI

NAGOMIは、1日1組限定の贅沢なプライベート空間を楽しめる別荘をご用意しています。自然を大いに感じられる森の中にある別荘で、贅沢な空間と時間を楽しむことができます。

NAGOMI|関東のコテージ・貸別荘・グランピング場なら、うやまリゾート
千葉県夷隅郡の貸別荘「NAGOMI」。夜には都会では見られない星空が広がる1日1組限定のコテージ・貸別荘。

 

【うやまリゾート】では、天体観測を思い切り楽しんでもらえる、グランピング場や別荘をご用意しています。仲間やご家族と旅を楽しむのであれば、宿泊する場所にもこだわって、良い思い出にしませんか?自然豊かで開放的な場所で旅をゆっくり楽しみながら、都心では見ることのできない綺麗な夜空で、ぜひ、天体観測も楽しんでくださいね。

  

タイトルとURLをコピーしました