【初心者必見】キャンプの服装、季節に合わせたコーディネートをご紹介

キャンプファッション

今年こそキャンプに挑戦したい!と思っている初心者キャンパーさん向けに、キャンプを思いっきり楽しむための服装選びのポイントと、季節に合わせたコーディネートを男女別にご紹介します。春夏秋冬、季節によって暑い日や寒い日もあれば、朝晩だけとても寒い時期があるなど、いろいろな表情を見せてくれるのが自然の中で楽しむキャンプならではの魅力です。基本のコーデや季節ごとの必須アイテムを知って、キャンプデビューを思いっきり楽しんでくださいね!

 

キャンプを楽しむための服装選びのポイント

ここではまず、男女共通して知っておきたいキャンプを楽しむための服装選びのポイントについてまとめています。

 

ポイント1 寒暖差に備えよう!

自然の中で楽しむキャンプは、日中と夜間の寒暖差が大きくなるのが特徴です。一年の中でも秋と冬の朝晩は特に冷え込みが厳しいため、寒暖差に備えた服装を選ぶことがポイントです。例えば、朝晩に冷え込む秋と冬は「重ね着(レイヤリング)」をして寒暖差に対応します。重ね着をするときはベースレイヤー(下着)・ミドルレイヤー(中間着)・アウターレイヤ(上着)の3つを組み合わせるのが基本です。気温や動きに合わせて着たり、脱いだりをしやすい組み合わせがおすすめです。インナーを選ぶときは保温性も大切ですが、寒暖差が激しい時期は吸湿速乾インナーがおすすめです。昼間の暑い時間帯や動いて汗をかいた後も、吸湿速乾のインナーならすぐに乾いて夜まで快適な着心地が続きます。

 

ポイント2 日差し対策は万全に!

キャンプでは日差し対策を万全に行いましょう。標高の高い山は紫外線が強いので、日焼け止めはもちろん帽子も用意します。UVカット機能付きの洋服を選ぶのもおすすめです。紫外線の強い時期は露出の多い服装は避け、サングラスや軽く羽織れるものを用意しておくと便利です。曇りの日でも紫外線は肌に影響するので、季節に関わらず日焼け対策をしてキャンプを楽しみましょう。

 

ポイント3 露出を控えて虫対策!

キャンプの服装で注意したいのは、露出を控えるということです。暑い日は半袖、半ズボンで過ごしたくなりますが、露出が増えるほどリスクが高まるのが「虫刺されです。自然の中で楽しむキャンプは普段より虫と遭遇する可能性が高まります。キャンプ中は出来るだけ露出の少ない服装を選ぶことで虫対策をするのが基本です。半袖や半ズボンを着る場合は、虫よけスプレーや虫よけグッズなど活用して万全な虫除け対策が必要です。

 

ポイント4 焚火をするなら穴が開きにくい素材で

寒い季節のキャンプで楽しみなのが「焚き火」です。焚き火があるだけで身も心もポカポカと温かくなりますし、アウトドアならではの焚き火料理も楽しめるのが魅力です。ただし、その日の天候や風の向きによっては焚き火から火の粉が舞い、大切なアウターに穴を空けてしまうこともあるので要注意です。ポリエステルやナイロンのような化繊素材は火に弱いので、焚き火をするときはウール素材やコットン素材の洋服を選ぶとより安心です。

 

ポイント5 汚れても使える靴をチョイス

キャンプでは動きやすいことにプラス、汚れても使える靴を選びます。晴れている日でも場所によっては前日に雨が降って水たまりができていたり、地面にぬかるみができていたりするので、靴が泥だらけになることがあります。デコボコの道でも足への衝撃を緩和してくれる動きやすい靴はキャンプ向きですし、撥水加工が施されていて防水性の高い靴なら朝露や夜露の多いキャンプ場でも快適に過ごせます。

 

男女別 季節に合わせたおすすめコーディネート

キャンプを楽しむための服装選びのポイントを踏まえ、季節に合わせたおすすめコーディネートを男女別に紹介します!

 

キャンプの服装 春

朝晩は少し肌寒くなる春のキャンプでは、着脱しやすい薄手の上着があると便利です。昼間の暖かさに対応できる適度な通気性、そして保温性を兼ね備えたアウターは汗をかきやすい方にもおすすめです。

 

・メンズコーデ 春

春は季節感のあるボーダーやデニムのワークシャツといったシンプルコーデがおすすめです。ハイキングや登山用として作られた関節を動かしやすいジャケットやフリースウェアなどもおすすめです。

 

・レディースコーデ 春

アウターは動きやすい薄手のパーカーや軽い素材のコートがおすすめです。パーカーと動きやすい太めのパンツを合わせるのも良いですし、トップスを重ね着するなら足首やくるぶしが少し見えるくらいのズボンを履いて足元をスッキリ軽く見せるのもおすすめです。

 

キャンプの服装 夏

夏は日差し対策や虫対策をしながら、暑くても快適に、リラックスして過ごせる服装選びをしていきましょう。

 

・メンズコーデ 夏

夏のメンズコーデといえば、最近はオーバーサイズのTシャツコーデが人気です。白Tシャツは清潔感がありますし、カーゴパンツやベイカーパンツに合わせてもおしゃれです。

 

・レディースコーデ 夏

ボーダーのカットソーにカジュアルなデニムパンツやチノパンをあわせた動きやすい服装がおすすめです。夏キャンプでは身体にピタッとくっつくTシャツよりも、オーバーシルエットになるカットソーを選んだコーデが人気です。ラフな中にも大人っぽさを出したときは、ベージュのパンツやアースカラーを取り入れたパンツがおすすめです。

 

キャンプの服装 秋

秋になると日によっては日中も肌寒く感じることがあるので、防寒対策をしっかり行いましょう

 

・メンズコーデ 秋

耐久性に優れた長袖シャツや、保温性に優れたクライミングパンツはキャンプにもってこいのアイテムです。日中と夜で寒暖差が大きくなるので、アウトドアで使える軽めのダウンパーカーやウールのボアパーカー、重ね着しやすい薄手のジャケット、ダウンベストなどを用意します。アウトドア感を抑えるために帽子やパンツを黒で統一して落ち着いた感じにまとめるのもおすすめです。

 

・レディースコーデ 秋

秋もビックシルエットでラフなコーデがおすすめです。パンツはゆったりとしたシルエットの動きやすいものをチョイス、トップスは大きめのフリースやセーターを合わせます。重ね着に向いているワイドパンツがあれば、中にレギンスを履いてもいいですし、コーデュロイ生地のパンツを着て季節感をプラスするのもおすすめです。

 

キャンプの服装 冬

冬のキャンプを楽しむには、何より防寒対策を意識した服装選びが重要です。朝晩の冷え込みはもちろん、雨が降ったときでも対応できるコーデを意識しましょう。

 

・メンズコーデ 冬

冬は保温性に優れたダウンジャケットを着て寒さをしのぎます。全体的にボリュームが出すぎるとだぼっとした印象になってしまうので、足元をすっきり見せるパンツと合わせます。全体をベージュで統一して大人っぽくみせたいときは、帽子や靴の色を変えると遊び心のある冬コーデになります。

 

・レディースコーデ 冬

しっかり防寒できるダウンジャケットを選び、足元も防水性のあるブーツでしっかり寒さ対策をします。冬は足元や上半身にボリュームが出やすいので、フィット感が絶妙なすらっとしたシルエットのボトムスがおすすめです。腰周りや下半身の寒さ対策には、裏ボアが付いている暖かいスカートがおすすめです。寒いときにパンツの上から履いて、暑くなったら脱げば良いので便利です。レッグウォーマーやニット帽も寒さ対策には必須です。

 

季節に合わせたコーデでキャンプを快適に!

自然の中で楽しむキャンプには、寒暖差や日差し、虫対策などを考慮したカジュアルで動きやすい服装が基本です。キャンプを楽しむための服装選びのポイントと季節に合わせたおすすめコーディネートを参考に、一年を通して快適なキャンプライフをお楽しみください!

 

 

鵜山リゾートでは、群馬・千葉・山梨・静岡で貸別荘・コテージ・グランピング場を運営しております

季節を問わず、ゆったりとした時間をお過ごしいただける自然に囲まれた施設をご用意しております。皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました