ウールリッチってどんなブランド?人気急上昇のダウンメーカーをご紹介

キャンプファッション

アメリカで最も古いアウトドアブランド「ウールリッチ(WOOLRICH)」をご存知ですか?ウールリッチのアイテムは大人気のアークティックパーカをはじめ、ダウンジャケットやマウンテンパーカなど暖かさや高い品質が魅力で、世界中から高い評価を受けています。

ウールリッチの魅力や評判、お手入れの仕方などを紹介しながら、定番のアークティックパーカはもちろん、ウールリッチアイテムのサイズ感などを一挙ご紹介します。

 

ウールリッチとは??

ウールリッチの歴史

アメリカ最古のアウトドアブランド「ウールリッチ(WOOLRICH)」は、1830年創業の歴史を誇るブランドです。創業者のジョン・リッチがアメリカ・ペンシルベニア州プラム・ランにて毛織工場を建設したのが始まりです。創業当初はアウトドア関連のさまざまな衣類やブランケット、WOOL素材の製品を支給していました。

ウールリッチが多くの人から支持を集めるようになったのは、アメリカの人々がアウトドア活動を楽しむようになったのがきっかけとされています。ウールリッチはそれを機に、ウールシャツやジャケットなどのレジャー用の衣類の製造をスタートさせます。

創業から159年後の1989年、ついにウールリッチは世界進出を果たします。中でも大人気のアークティックパーカは、イタリアのサッカーチームのベンチウォーマーに採用されたことがきっかけで世界的な大ヒットとなりました。

日本でウールリッチの名が広く知れ渡るようになったのは、2010年に行われたデザインのリニューアルがきっかけです。2012年には着丈なども修正され、日本人の身長や体形にマッチするサイズ感が話題となり、今では男女問わず愛される人気ブランドの一つとして定着しています。

 

ウールリッチの魅力

ウールリッチの魅力は何といっても、真冬の寒い日にこそ優れた効果をもたらす「保温性能の高さ」です。ウールリッチのダウンは元々アラスカの極寒地で働く作業員のワークウェアとして開発されたものです。一般的なダウンコートよりも厚みはありませんが、極寒地の寒さに耐えられる高い保温性は雪の中のキャンプやツーリングなど冬のアウトドアでも大活躍、それでいて動きやすいという特徴もウールリッチの魅力です。

ウールリッチで大人気のアークティックパーカなどのアイテムには、ロクヨンクロスが採用されています。ロクヨンクロスとは、コットン60%・ナイロン40%で作られた生地のことで、通気性耐摩耗性に長けているのもウールリッチの特徴です。

 

ウールリッチの価格帯

ダウンの販売価格は8万円~13万円前後です。ほかのブランドのダウンに比べて少々値段が張るように感じますが、ウールリッチは耐摩耗性に長け、流行に左右されないデザインが多いので長く使い続けるという意味ではとてもコスパに優れたアイテムといえます。

 

ウールリッチの評判

長い時を経て、世界的なアウトドアブランドへと成長したウールリッチのデザインは、オン時にもオフ時にも活用できる日本人好みのシンプルなデザインが魅力です。アウトドアシーンはもちろん、ジーンズと組み合わせたカジュアルシーンから、スーツの上に身に着けるアウターとしても人気です。ビジネスシーンで使うなど高い汎用性と洗練されたデザインは、着回し力抜群高い評価を獲得しています。

 

ウールリッチのお手入れ

ウールリッチを長く大切に使うには、着用後のお手入れがポイント。そして、オフシーズンの保管方法を知りきれいな状態を長くキープすることが大切です。

 

  • 着用後はホコリを払う
  • 雨や雪に濡れたらきちんと拭き取る
  • しっかり乾かす
  • 濡れた状態で保管しない
  • オフシーズン時は通気性の良い場所で保管する
  • 完全に乾燥させた状態で保管する
  • 衣類用の保管袋に入れて保管する
  • ハンガーはサイズに合ったものを使う
  • 直射日光にあたらない場所で保管する
  • 蛍光灯があたらない場所で保管する

 

ウールリッチの鉄板アイテム「アークティックパーカ」

ウールリッチを語る上で絶対に欠かせないアイテムが、1972年に誕生した「アークティックパーカ」です。氷点下のアラスカで作業をする作業員のために開発されたアークティックパーカは、今もなお愛され続けるウールリッチの代名詞ともいえるアイテムです。

 

アークティックパーカの魅力

アークティックパーカの魅力は、マイナス40℃という極寒地にも対応した高い保温性と、雨や雪にも強い撥水性、そして軽量化されたスタイリッシュなデザインです。2010年以降、シルエットとサイズ感が大きくリニューアルされ、アウトドアからカジュアル、ビジネスまで幅広い着こなしに使えるアイテムとして世界的な大ヒットとなりました。

 

アークティックパーカの素材

アークティックパーカの素材には、アウトドアウェアの定番素材とされる「ロクヨンクロス」素材に加えて、メインのマイクロポリとナイロンで作られた「マイクロポリ素材」が採用されています。

ロクヨンクロス素材のアークティックパーカは耐摩耗性や通気性に優れ、着れば着るほどロクヨンクロスのレトロな味わいが感じられるのが魅力です。表地はコットンのような肌触りでさらっとしています。

マイクロポリ素材を使用したアークティックパーカは、ロクヨンクロス素材に比べて光沢があり、従来のモデルよりもビジネスシーンへの対応力がアップしているのが特徴です。

 

 

ウールリッチのサイズ感

ダウンジャケット

ダウンコートはひとつ小さめのサイズを選ぶのがちょうどいいと一般的にはいわれていますが、着用シーンによっては少し余裕のあるサイズを選ぶのもおすすめです。

 

  • レディースのダウン

ウールリッチのダウンコートは、ほかのブランドのダウンコートよりも厚みがあまりないので、すっきりとしたシルエットを好む方にはワンサイズ下のサイズがおすすめです。

 

  • メンズのダウン

スーツの上にダウンを着る方や、ゆったり余裕のあるシルエットを好む方は普段着ているサイズと同じもの、あるいはワンサイズ上のサイズでもちょうど良さそうです。

アークティックパーカ

アークティックパーカを着た中に、ジャケットなどのインナーを着用してジャストなサイズになります。全体的にゆったりとしたサイズ感が特徴なので、いつものサイズよりワンサイズ下のサイズが人気です。また、アークティックパーカは着丈が長めのタイプと短めのタイプがあります。

  • レディースのアークティックパーカ

アークティックパーカを細身に着こなしたい方には、ワンサイズ落としたサイズがおすすめです。

[ブルー][グリーン][ZRC]:Ne.S.T”]

  • メンズのアークティックパーカ

身幅が広めにとられているので、インナーは1枚で上に着る場合はワンサイズ下、ジャケットやスーツの上に着る場合はジャストサイズか一つ上のサイズが良さそうです。

ゴアテックスマウンテンパーカ

ゴアテックスマウンテンパーカは、ゴアテックス素材を使用した高性能マウンテンパーカです。完全防水仕様で雨や雪に対応し、耐久性にも優れています。保温性を重視するならアークティックパーカ、耐水性を重視するならゴアテックスマウンテンパーカがおすすめです。

 

  • メンズのゴアテックスマウンテンパーカ

ジャケットの上から着ても動きやすいゆとりあるサイズ感で、中にインナーやジャケットを着込むことでジャストサイズになります。すっきりスマートに見せたい場合はワンサイズ下、着込んだときに少しゆとりを持たせたいときは普段着ているトップスと同じサイズが良さそうです。

アノラックパーカ

撥水性に優れたアノラックパーカは、サラサラとした手触りが特徴です。薄手なので季節の変わり目にちょうど良く、普段使いのアウターとしてはもちろん、アウトドアでも活躍しそうなアイテムです。

 

  • レディースのアノラックパーカ

ヒップがちょうど隠れるくらいの着丈で、全体的にゆったりとしています。オーバーサイズに着られるサイズ感で、着心地抜群のジャケットです。体形をカバーしたいときはワンサイズ大きめを選ぶ人が多いようです。

※サイズ感は個人差がありますので、あくまで参考情報としてご覧下さい。可能であれば実際にウールリッチの店舗で試着をして選ぶことをおすすめします!

 

ウールリッチの店舗一覧

ウールリッチは下記の店舗に出店をしています。

東京
→青山店(フラッグシップストア)
→伊勢丹新宿店
→銀座三越店(MENS)
→二子玉川店

大阪
→心斎橋店
→阪急メンズ大阪店

北海道
→サッポロファクトリー店
→札幌ステラプレイス店

静岡
→御殿場プレミアムアウトレット店

兵庫
→神戸三田プレミアムアウトレット店

千葉
→三井アウトレットパーク木更津店

寄れる機会があれば見てみると良いかもしれませんね!

 

アウトドアをするなら、うやまリゾートで

うやまリゾートは「お客様主導型」の貸別荘事業に拘りを持ち、海・温泉・森林浴を満喫できる貸別荘・グランピング場を運営しております。

家族旅行、カップルの記念旅行、社員旅行、サークル仲間との合宿にも最適な年中無休の屋根付きBBQなどのアクティビティもご用意させて頂いております。

お客様のお越しをスタッフ一同、お待ちしております。

 

タイトルとURLをコピーしました