燻製機の選び方と、初心者も必見のおすすめ人気燻製機11選

キャンプ用品

燻製機は、キャンプやBBQで作る料理のバリエーションを増やしたい人や、自宅でも気軽にキャンプ気分を味わいたい人たちのあいだで最近ジワジワと注目度を集めています

 

燻製機とは?

燻製機は、煙で燻して食材に香りづけや色づけをするための調理器具です。スモーカーとも呼ばれ、香りづけの燻煙材にはスモークチップと呼ばれる材料を使います。スモークチップはサクラやクルミなどいろいろな種類があり、燻製したい食材や香りの好みに合わせて使い分けます。

燻製機は「直火型」「IH対応型」のふたつの種類があります。直火型の燻製機はガスコンロやガスバーナーを使って燻し、IH対応型はご自宅のIHコンロなどでも使えます。

 

燻製機の種類(燻製方法)について

燻製機の燻製方法は、「熱燻」「温燻」「冷燻」の3つです。この3つの違いを説明します。

  •  熱燻

80度~140度以上の高温で燻し、10分~1時間と短い時間で調理します。温度調整がしやすく、燻製時間も短めなので、はじめて燻製にチャレンジする方でも比較的簡単に燻製調理ができます。

 

  • 温燻

30度~80度の温度で1時間~1日かけて燻す燻製方法です。時間をかけて燻すことで、食材の旨味が凝縮します。温燻で作ると食材を食べたときに、柔らかな口当たりに仕上がるのが特徴です。

 

  • 冷燻

15度~30度の低温で燻します。数日、数週間かけてじっくり燻していく燻製方法で、水分を飛ばす作業に最も時間がかかります。徹底した温度管理や本格的な設備が必要な冷燻は、燻製調理に慣れている上級者向けです。

 

キャンプで使える燻製機の選び方

キャンプやBBQで使える燻製機の選び方についてまとめています。燻製調理をはじめてチャレンジする際の参考にしてください。

 

「サイズ」で選ぶ

大小さまざまなサイズの燻製機があります。初心者向きの熱燻ならコンパクトで使いやすい小さめのサイズの燻製機がおすすめです。ベーコンやチーズなどを燻製する場合は、小さめの燻製機があれば十分に燻製調理ができます。

 

「燻製方法」で選ぶ

燻製機選びに迷ったら、燻製方法から選ぶのもおすすめです。熱燻法はほかの方法よりも初心者向きですし、調理時間も短いので作ったらすぐ食べるキャンプ料理にも向いています。熱燻の燻製機は比較的サイズもコンパクトなので、持ち運びに便利ですし、使い方もとても簡単です。

 

「重量」で選ぶ

キャンプやアウトドアで燻製機を使う場合は重量を確認するのをお忘れなく。移動手段や持ち運びのしやすさを重視するなら2㎏以下の軽めの燻製機がおすすめです。

 

「機能性」で選ぶ

燻製は温度管理が難しく、温度が高すぎると食材が焦げてしまう失敗がよくあります。温度計や空気孔が付いている燻製機は温度調整がしやすくて便利です。燻製以外にも色々な調理法を試してみたい方には、ロースター機能などが付いた燻製機などのご利用をおすすめします。

 

 キャンプで使えるおすすめ燻製機

キャンプで使えるおすすめ人気燻製機をご紹介します!

 

小型のおすすめ燻製機

小型の燻製機は持ち運びに便利なことが最大のメリットです。

 

  • 【Coleman】コンパクトスモーカー

熱燻製専用の超軽量、鍋型燻製機です。本体のふちの部分に水を入れると煙の漏れをおさえられます。短時間で燻製が完成するため、チーズやソーセージなどのおつまみ系燻製作りにもおすすめです。

 

  • 【Snow Peak】コンパクトスモーカー

燻製機には珍しい四角型の燻製機です。2段式になっているので3~4人分の具材を一度に燻製できます。収納のしやすさと持ち運びのしやすいことからキャンプやアウトドアシーンにも最適です。

 

  • 【CAPTAIN STAG】燻製 鍋 ミニ

重量480gと軽量な燻製機です。ガスコンロやカセットコンロでの調理が可能で、蓋をしたままでも網を持ち上げることでスモークチップのつぎたしが簡単にできるのが特徴です。

 

  • 【CAMERONS】ミニスモーカー

カセットコンロだけでなくIHにも対応している薄型の燻製機です。奥行きがあるので3~4人分の食材を一度に燻製できます。パーツは全て取り外し可能で洗いやすくて、収納しやすさも人気の理由です。

  

初心者向けおすすめ燻製機

燻製料理にはじめて挑戦する際は、使いやすく後片付けも簡単な初心者向けの燻製機をおすすめします。

 

  • 【SOTO】キッチン香房

網は特殊な形状をしているので、蓋を浮かせて燻し具合の調整がしやすくなっています。鍋本体はステンレス製でハンドルは折りたたみ式なので収納がしやすくなっています。

 

  • 【THERMOS】保温燻製機 イージースモーカー

熱燻専用の燻製機です。真空断熱材により食材をじっくりと燻します。鍋の中でスモークチップを炊いて燻すので、保温力だけで食材を燻製できるのが特徴です。家庭用コンロにも対応していて、分解もしやすいことから初心者にもおすすめです。

 

  • 【Belmont】鉄製燻製鍋

鉄製の燻製機としてはリーズナブルな値段で手に入ること、密閉性が高いことが特徴です。いくつかの材料を一度に燻すことができ、調理後の掃除も簡単な初心者向けの燻製機です。

 

  • 【BUNDOK】スモーク缶

温度計と温度調節弁が付いています。熱燻だけでなく、温燻にも使える燻製機です。持ち運びがしやすく、吊るし燻製もできます。値段がとてもリーズナブルなので、初期費用を抑えながら燻製調理に挑戦してみたい人にもおすすめです。

 

大人気!おすすめ燻製機

燻製料理の上級者にもおすすめの大人気燻製機を紹介します。

 

  • 【Coleman】ステンレススモーカー2

熱燻の次は、別の燻製方法を試してみたい!そんな時におすすめなのがColemanのステンレススモーカー2です。温度計と空気調節弁も付いている機能性に優れた燻製機で、熱燻だけでなく、温燻にも対応しています。フックを付けることで吊し燻製も可能です。

 

  • 【LOGOS】森林 スモークタワー

熱源不要の円筒型燻製機です。温燻と熱燻に対応しています。スモークウッド(別売)を本体の下に入れて着火すると温燻となり、コンロを使うと熱燻で燻製を作れます。網を使用することで多めの具材を一度に燻製でき、網を外せば食材を吊るし燻製も可能です。分解して丸洗いもできるので、お手入れも簡単です。

 

  • 【UNIFLAME】フォールディングスモーカー

大容量タイプの燻製機ですが、折りたたみができるので収納にも持ち運びにも便利です。内部は3段に仕切ることができるので、一度に色々な食材を燻製できます。本体上部にはフックが付いています。魚や肉など大きめの食材も吊るし燻製することが可能です。大人数のBBQやキャンプで大活躍間違いなしの燻製機です。

 

燻製機を使ってキャンプ料理をもっと楽しもう!

燻製機は使い方が難しいと思われがちな調理器具ですが、簡単に使える初心者向けのものもありますので最初はまず簡単な熱燻から始めてみてはいかがでしょうか?使い方に慣れてきたら温燻や冷燻にもどんどん挑戦して、キャンプやアウトドアをもっと楽しみましょう!

 

『鵜山リゾート』では、海や温泉などのレジャーに近いバーベキュー可能の一戸建て貸切りのプライベートコテージや貸別荘をご用意しております。雄大な自然と美しい景色、都会では見られない星空が広がる別荘など、ひとときの癒しを感じていただけるような旅をご提供しております。ぜひ普段と少し違った時間をお楽しみください。

タイトルとURLをコピーしました